Blog

「拡がる」一年~2016年を振り返る

2016-12-31|ママントレのこと
早いもので2016年も今日で終わり。
年末恒例の「今年の漢字」に自分の当てはめると。
2015年は「挑」で自分の殻を破り、さまざまなことにチャレンジしてきた一年でしたが。
2016年は「拡」。
たくさんの方とのつながりをいただいた一年であり、法人化、事務所設立など活動の幅も大きく拡げることができ、感謝でいっぱいの一年でした。


 
 

つながりが「拡がる」

数々のプレゼン、そしてメンターとの出会い

2016年はKOBE Startup Gatewayのデモデイに始まり、トーマツモーニングミートアップ登壇、LED関西報告会などいろんな場所で事業について発表させていただく機会に恵まれました!
 
そして「IT女帝」奥田浩美さんをはじめ、尊敬できる女性経営者の方々から、事業を進めていくにあたってのアドバイスをいただけたことも大きな財産になりました。
みなさんのお言葉、今でも私の胸に刻まれ、指針になっています。

 

セミナーやイベントにも多数参加

2月はららぽーと甲子園での「ママハピ」に出展。
6月はスタジモにしのみや1周年の「西宮七縁」イベントの一つとして「ママmeetsワーク~働きたいママのための情報満載な1dayセミナー」を開催(開催レポートはこちら)。

  9月には「ぶれない自分をみつけてキャリアアップ」を開催。
11月には、神戸新聞主催すきっぷフェスタ、大阪マザーズハローワーク・阪神電鉄主催の「チアフルワークフェスタ」にも出展。
 
またそれ以外にも、
○西宮商工会でのPowerPointセミナー
○NISHINOMIYA+STORY
○神戸創生会議参加
芦屋市長との芦屋起業家女子会
○神戸新聞社すきっぷカフェ アドバイザー(1月1日にこの様子が記事になる予定です!)
川西女性起業塾の講師・アンバサダー
LED ACADEMY@神戸登壇キックオフ関西主催:ブログの書き方セミナー
明石市男女参画センター/キズメリ主催セミナー
○加東市主催起業セミナー など多くの場所でお声かけいただき、たくさんの方とお話しする機会をいただきました!

  また、リベルタ学舎代表・湯川カナさんとの共催による「一億総満足活躍オーディション」では、日本マニフェスト大賞で特別賞をいただくなど、仕事以外でも主婦の活躍する場をアピールできました!

 

メディアにも多数掲載されました!

11月17日付のYahoo!ニュース掲載をはじめ。
神戸新聞、毎日新聞、クルールはんしん、ともも、まちのね甲子園広報誌「Chime」などさまざまな媒体で活動をご紹介いただけたことも大きな財産となりました。

新たな運営メンバーの加入

新年当初は、システムエンジニアの長池さんとWebデザイナーの佐多さんの3名で活動していましたが。
年途中から、キャリアコンサルタントの幟建由佳さんとエンジニアの井坂久子さんが加入。
幟建さんはこれまでにあまり実践なかったキャリア支援の部分を。
そしてエンジニアの井坂さんには、システムの支援のほか組織運営にあたってまさに先輩、というかお母さん的な立場で見守っていただいて。
さらにできることの幅が広がりました!


  またエリアマイスターに新たにご登録いただいた方、そこからお仕事をご依頼させていただいた方も多数。
  本当にたくさんの方に助けられた一年だったなあ、と思います。

 
 

できることが「拡がる」

活動を始めてから5年。念願の法人化

個人だけの活動とは異なり、企業との取引もだいぶ増えてきたこと、そして「育児の片手間でやっているわけではない」という決意表明も含めて。
ついに7月11日に株式会社ママントレを設立。

9月の設立パーティーには72名の方にお越しいただきました!
 

気軽に集まれるスペースに~事務所開設

そして。
11月には阪神芦屋の事務所開設。

これまで在宅で仕事をしていたため、事務所の必要をあまり感じたことはありませんでしたが。
交流会や登録会を定期的に開催できるようになって、いろんな方が足を運んでくださって。
拠点を持つことの良さや意義を実感しています。
登録相談会は毎月第二木曜日。
交流会は毎月第三木曜日に開催しておりますので、ぜひ皆様足をお運びくださいね!

  >>登録相談会の詳細はこちら
  >>交流会の詳細はこちら
   

仕事の幅も広がる

今年の初めは想いばかりが先行して、実績が伴っていなかったエリアマイスター。
今年は阪神電鉄様「チアフルカフェ」にはじまり、某新聞社様のWebニュース校閲のお仕事など「エリアマイスターならでは」のお仕事もたくさんいただくことができ、 「エリアマイスターではこういうことができます!」ということを、実例を通してお話ができるようになってきました!
 
登録していただいた方のスキルの幅もさらに広がり、これからもっとできることが増えていくのでは?と今からワクワクしています!

ママたちに新たな学びの場を~在宅ワーク勉強会

活動を進めていくうえで感じたこと。
それは「一歩踏み出すことに不安を持っている」方がすごい多いということ
これからフリーランスで活動したい方だけでなくすでに活動している方も「今の自己流のやり方でいいのだろうか」と不安を持っていて。

  そんな方たちに、これまでの私たちの経験をお伝えすることで一歩踏み出すきっかけになれば・・そんな思いで始めた「在宅ワーク勉強会」
10月は佐多愛美さんによる「おうちでお仕事ってどんな働き方なの?」(開催レポートはこちら
11月は佐多さん・井坂さん・須澤によるトークセッション12月は須澤美佳による「フリーランスを行うにあたって知っておくべきこと」(開催レポートはこちら
来月1月20日には、これまでで一番要望の多かった、WordPressの講座をついに開催します!

新たな事業展開を~有料職業紹介の許可取得

そして、ついに!
エリアマイスターの活動を広げていくうえで必須ともいえる「有料職業紹介」の許可を2017年1月1日付で取得いたしました。
これまではいただいたお仕事を業務委託でお請けするというスタイルが多かったのですが。
今後は「うちの会社で働いてくれる人を紹介してほしい」「社員として働きたい」というご要望にもお答えすることができるようになります!

 
 

2017は「地」の年に

活動の幅を拡げることを目標に進んできた2016年。
来年2017年は、その拡げてきたことを糧に、『地』に足の付いた活動を進めていきたいと思っています。
  エリアマイスターの活動も少しずつ広まってはきましたが、まだまだ「いったい何をやっているの?」「どんなことをやっているの?」という声が多いのも事実(実は夫もまだよくわかってないみたいですw) だからこそ。

来年は「こういう活動をしています」ということをみなさんに明確に伝えていけるように地固めをしたい。
そして「働き方に悩んだら/主婦にお仕事をお願いしたいと思ったらここに」と思ってもらえるような地域の拠点になりたい。
そう考えています。

  1月より、有料職業紹介の事業もスタート。
住まい関連の方のグループ「住マイスターの会」もスタート。
また4月からは、本格的に学びたい方向けのWordPress講座もスタートします。
他にも進行中のプロジェクトが続々と。
それらの活動はすべて「柔軟に働ける環境づくり」のための基礎固め。
2017年さらに邁進していく予定ですので、みなさまどうぞ引き続きご支援・ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします!

それぞれの起業STORY~芦屋でカフェ活!

2016-01-22|ママントレのこと
1月13日、プレシャスママ起業塾主催の「芦屋でカフェ活!」でお話をさせていただきました。
10時開始のいわゆる「朝活」で、応募後すぐに満席になる人気のイベントです。
これまでは講師の方がいて、いろいろ学ばせていただくスタイルを取っていたのですが、今回から「それぞれの起業STORY」というテーマで語るということで、その第一回目にお呼びいただきました。
起業して約5年になりますが、それまでの失敗や経験も含め私が学んだことを僭越ながら皆様にお伝えさせていただきました。

その中で一番強調したのが「何をやるかより誰とやるか」
「ママのために」と活動している人がたくさんいるし、ひょっとしたらやりたいことや根底にある想いはみんな一緒なのかもしれない。
でもそのやり方って人によってそれぞれで。
そこに違和感を感じながら進めても結局は、その違和感がどんどん大きくなっていって無理が生じてくることがほとんどでした。

だからこそ、共感できて一緒に高められる、同じ方向に進んでいける人と一緒にやるのって大事なんだなあ、と。
主催の永里真由美さんが、当日の様子をブログ記事に書いてくださいましたので、もしよろしければこちらもご覧くださいね! http://ameblo.jp/gogomare/entry-12117028409.html

相手の想像を書きたてる『余白』

|日々のこと
自分が起業しているからなのか、よく「旦那さんは、どんな仕事をしているの?」と聞かれることがあります。

実は我が家は、旦那も自営。
しかも、皆さんのご自宅や職場、イベント会場などに出向いて寿司を握る『出張鮨職人』というとても珍しい仕事をしています。
珍しいから、皆さんの食いつきも良く、詳細を聞かれることも多いので、チラシも常に持参しています(←内助の功?笑)

そして詳細を説明。
「たとえば新居のお披露目会とか、ご高齢の方の誕生日パーティとか、七五三のお祝いとか。お花見とか屋形船、大人数のイベントでもできるみたいです」

そうするとどんなことが起きるか。
相手の方がおのずと「自分ならこんなシチュエーションで呼びたい」ということを具体的に想像してくださるんですよね。

「今度うちに親族が集まるから・・・」
「会社の納会がマンネリ化していたから、今度呼んでみたい」
「うちのマンションのパーティルーム使えるんじゃないかな?」
「外国人の方のおもてなしに使えそう」
「うちのお店のイベントに・・・」

実際に、お茶屋さんとのコラボなどのほか、バーとのコラボイベントやクラブイベントなど「そこに寿司!?」という想像もしないようなところに呼ばれていることもあります。

何でかな?と考えると。
おそらく「自分の仕事はこうである」と決めつけていないからではないかと思うんです。
だからそこに、相手が考える『余白』ができて、「自分ならこうする」という想像をかきたてるのではないかと。

しかもその想像が具体的であればあるほど、成約する確率も高くなるんですよね。

私が行っているエリアマイスターも、「仕事をつくる」のではなく「主婦層と企業がつながる枠」という形にしているからこそ、思わぬ形でオファーが来ることが多々あります。
「あ、それも仕事になるんだ!」「こういう形でもつながるんだ!」活動を続けていて、驚きの連続です。

事業を行う上で『こうあるべき』と自分の中でコンセプトを持っておくことも大事だし、自分が対応できる範囲を決めておくことも大事だけど。
サービスをガチガチに固めるのではなく、相手が考える『余白』を残しておくことで、自分が考えている範囲よりもさらに幅が広がる。
最近特にそう思います。

2015年のふり返り

2015-12-31|ママントレのこと
2015年も早いもので今日で終わり。

この時期よく今年の漢字、で一年を表しますが。
私の今年の漢字は
『挑』。 自分の中に壁を破り、さまざまなことを実現でき、おかげさまで自分史上最高に充実した一年となりました。

ビジコンに”挑む”

22952493154_4158066f8b_k-1024x684今年は1月のLED関西をはじめ、池田泉州銀行、神戸市主催のKOBE Global Startup Gatewayと計3つのビジネスコンテストに挑戦しました。

後の二つは残念ながら最終選考までいったものの選ばれませんでしたが。
まず「限られた時間でビジネスプランを伝える」ために、ブラッシュアップできたことはとても大きかったです。
LED関西でサポーター賞を下さった、トーマツベンチャーサポートの吉川さん・俣木さんにはきめ細やかにフォローしていただき、KOBEではメンターの山下哲也さん(imodeの基礎を作った凄い方!)にビジネスの本質部分を含めコンサルしていただき。
これから進めていくにあたって解決すべき課題も明確化していきました。

そして。
プレゼンを聞いてくださった方から「興味がある」「ぜひ利用してみたい」と次々にお声かけいただいて。
ここからビジネスの幅が一気に広がりました。

ビジコンに出ることについて賛否両論もありますが、私としては思い切ってチャレンジして本当に良かった!と思っています。

イベントに”挑む”

11164204_805306109566278_783674296_n(1)今年はこれまで苦手としていた自主開催イベントにも積極的にチャレンジしました。
4月に開催したママmeetsワークで、さまざまな分野で活躍する12人のママ起業家が集結。
この12名が集結する時点で奇跡に近かったのですが。
よくある話ではなく、ぶっちゃけどうなの?というリアルな部分に斬り込むという内容で、「こんなセミナーを開催したかった!」という思いを実現することができました。

6月には、逸材屋・本店さんとの共催で、これから何かしたいママを対象にした『ママのためのキャリアデザイン講座』を開催。
11月にはマネーセミナーと一緒に、ランチ交流会を開催。
その他6月には西宮市主催の「ありそうでなかった起業フェスタ」、9月には「笑顔で働きたいママのフェスタ」への出展も。

どのイベントも「ママたちがどんなことを望んでいるのか」リアルな声を知る、いいきっかけとなりました!

講師に”挑む”

1898889_885045711549229_4891924661363463822_o今年は自主開催イベントのほか、団体からの講師のご依頼もいただきました。
7月にはキックオフ関西主催のセミナー「女性起業家のための集客効果のあるチラシ作成術」。
9月には、公益財団法人 神戸いきいき勤労財団様主催の「働く女性のための応援セミナー」。

ここでの経験から、他の団体からも次々とオファーをいただけるようになりました。
2月には西宮商工会議所主催セミナーでの講師も担当させていただきます!

新しい仕事に”挑む”

今年なんといっても大きかったのは、スタジモにしのみやをはじめ、企業様とのお仕事が増えたこと。
これまで個人事業主の方とのお付き合いが中心だっただけに、私にとっては大きな挑戦で、「本当に自分にできるのか」「期待されたことをきちんと返せるか」と緊張の連続でした。

今もこうして、さまざまな企業さまから挑戦の機会をいただけること、本当にうれしく思います。

商品開発に”挑む”

web-21エリアマイスター有志により結成した商品開発プロジェクト「Re:Dear(リディア)」。 まさに初めての挑戦。
しかもはじめが「3000円以上の布製品」というあいまいな条件設定。
すべてが手探りでした。
でも。
メンバー全員のモチベーション・情報感度・情報発信・収集力の高さと五洋株式会社の小野さんのご尽力により、9月に商品第一弾となる『授乳もできる!シルクシフォンブラキャミソール』発売!

「ママのアイディアと企業のリソースがうまく融合した事例」として、読売新聞・神戸新聞・サンテレビにもとりあげて頂きました!
特にサンテレビでは、特集で4分30秒も!

現在ネット販売のみとなっていますが、来年以降は販売ルートを拡大予定。
そしてプロジェクトも続行。このメンバーから新たな挑戦もしていきたいと思っています。
リディア

新しい活動に”挑む”

11010598_658333244294056_1116462892308079643_nこれまでWebやIT系のお仕事が中心でしたが、新しい活動に挑戦したのも今年の特徴です。

「社会に対する違和感を話す場所ってなかなかないよね」「せっかくなら楽しみながら社会を変えてみたいよね」とリベルタ学舎・湯川カナさんとの共催で今年の1月から始まった『社会をつくる女子ゼミ』。
学校、LGBT、女性活躍、選挙、子どもの本音などさまざまな話題で盛り上がりました。
そしてゼミを通じて、いろんな立場からの意見を聞き、視野も格段に広がったような気がします。
また西宮商工会議所主導で「西宮をよくしたい」人々が「西宮のコラボ商品」を作るべく集まった『西宮コラボラボ』にも参加させていただいています。

そして阪神間から少し離れますが、小阪の商店街活性化プロジェクトにもアドバイザーとして参画させていただきました。

新しい活動を通じて、アイディアを出す機会も格段に増え、頭が鍛えられたのか本業のWebでもアイディアが続々と浮かんだり、そこでの出会いから仕事の依頼をいただくこともあったりと、相乗効果があったような気がします。

人に頼る、ことに”挑む”

12002049_876462935756311_5952340658051721273_nウェブの本業ではデザイナーさんにデザインを依頼することはよくありましたが。
それはもちろんきちんと報酬を払う前提で、の依頼でした。

それに対しエリアマイスターはまだ構想の段階。
まだ利益もほとんど出ていないこの事業を手伝ってもらうなんておこがましい、ある程度は自分でやらなきゃなって思ってたんです。

でも。
想いを伝えると、共感して動いてくださる方が次々と。
特にエリアマイスターWeb制作で尽力くださった長池能理子さんと佐多愛美さんには、制作後も神戸のスタートアップコンテストをはじめさまざまな形で支援していただいています!
本当にこの二人の力がなければ、Webサイトはもちろん今こうしていろいろと実現できなかった。
他にも、私の代わりにエリアマイスターの想いを語ってくれる方もいたり。本当にうれしい限りです。

来年は協力してくださるみなさんに恩返しすることを目標に頑張ろうと思います。

2016年は「拡」の年に。

来年は今年挑んだことをきちんと形にして「拡げる」の年にしたい。
そう思っています。

もっとエリアマイスターを必要としている人に届けたい。
でもそのためには、しっかりと体制を整えたうえで、私自身が動く必要があります。
まず2016年は怠りがちだった発信をしっかりとやっていく、興味を持って下さる方にできるだけ会いに行く。エリアマイスターの方には活躍できる場を。活用したいという方には最適な提案を。
そしてきちんと活動しているということがアピールできるように。
法人化も進めていく予定です。


今年も大変お世話になりました。
本来であればお世話になった皆様一人一人にごあいさつにお伺いすべきところ、失礼いたしました。
まだまだ未熟な部分も多いですが、どうぞ来年も引き続き宜しくお願いいたします!
阪神間エリアマイスター

短時間で伝える、ということ。

2015-11-22|ママントレのこと
今日は午前中に娘の小学校の音楽会に参加した後、12月6日(日)に開催されるKOBE Global Startup Gatewayのメンタリングセッションに行って参りました!

ここで初めてファイナリスト9名のビジネスプランを聞きました。
今回「IT」というテーマがあったのですが、プロダクトもあり、サービスもブラジャーのフィッティング、ウエディング、介護タクシー、など多種多様。
そして出場者も経営者の方はもちろん留学生の方がいたりと、これまた多種多様。

・・・まあその中でも主婦である自分が一番異色だったと思いますが(苦笑)。

プレゼンの時間は5分。
LED関西のときにも経験しましたが、5分にまとめて伝えるのって本当に難しい・・・。
ついつい早口になってしまって、端折った部分も多く。
言いたいことがきちんと伝わったという実感がないまま終わりました。

でも!
交流会で他のファイナリストの方からも
「めっちゃよかったです!」
「うちの奥さんにも伝えたい」
「使ってみたい」
「これ、絶対に必要なサービスですよね」
「優勝してくださいね!」(←いいのか?笑)
など次々とうれしいお言葉が!

先日出場した別のビジネスプランコンテストの最終選考で、言いたいことが審査員の男性たちに全く伝わらず落選したというのもあり、こうして伝わったことが何よりもうれしかった!

「過去の私のように自信を失った主婦の”私なんて・・・”が”私だからできる”に変わるように。そしてそれが未来を支える子どもたちや若い女性たちにも伝えていけるように。」
その思いが『使命』に変わった気もします。

そしてメンターの方からは、
〇これからの組織の作り方
〇営業活動
〇プレゼンの構成
など私たちに足りない部分へのヒントをたくさんいただきました!
そのヒントから今後の事業展開もの絵も浮かんできて。ものすごいワクワクしました!

そして、今回のコンテストの一番大きな特徴は。
「チーム」で参加するということ。
エリアマイスターWeb開発メンバーの佐多さんと長池さんとともに参加したのですが。
「チーム」ってすごいいい!!
「こうした方がいいよね」「これはどうかな?」って一緒に盛り上がって創り上げられるってすごいいい!!


結果はどうであれ、すでにたくさんのものを得た気分。
ビジネスプランコンテストに応募することで確実に自分の世界が広がる、そう実感しています。

12月6日(日)、もっとたくさんの方に私たちの想いや願いが伝わるように。
練習を積もうと思います!

【イベントレポート】11月19日「プロから学ぶ!ママのためのおかねセミナー&交流会」

|ママントレのこと
エリアマイスターを始めてからずっとやりたいな・・・と願っていた交流会。
始めてから1年。ようやく開催することができました!

で、今回は。
何をするにしてもやっぱりお金って大事だよね、ということでプロからお金のことを学べるセミナー&ランチ交流会とモリモリの内容で開催しました!
しかも、イーエフピー株式会社さんのおかげでマネーセミナーは無料。何ともありがたいお話です。
今回「初めてエリアマイスターに登録した」という方も含め、20名の方にご参加いただきました!

まずはじめはマネーセミナー。
講師の大坪美樹先生はまだ20代でかわいらしいお嬢さんという印象なのですが(失礼)。
大学の学費をご自身で工面されるなど、若くてもものすごくしっかりしている方なんです。
穏やかかつわかりやすい言葉で、事例を交えながらお話してくださったので、みなさんものすごい真剣に聞いていらっしゃいました!

特に印象に残ったのは、保険の見直し。
当たり前といえば当たり前なんですが、しっかりと必要な保証がないと、いざというとき返ってくるはずのおかねも返ってこないんですよね。
でもその「しっかりとした保証」が何なのか、あまり把握できてないという現実・・・。
私も聞きながら、「自分のこれまでの保険見直さなあかんな・・・」と。
12271455_1036103939782936_1536725868_o

そしてランチ交流会!
A~Fの6つのグループに分かれていただいたのですが。
みなさん初対面のはずなのに、すぐに会話が弾んでいる!!
皆さん年齢も環境も全然違うはずなのに!
やっぱり女性のコミュニケーション能力すごすぎでしょ。

そして食事後のワークでは、それぞれが「話にダメだししない」というルールのもと
〇自己紹介
〇居住地
〇自分ができること/興味があること
〇現在の悩み/誰かにお願いしたいこと
という話すべき内容だけをお伝えして、あとはグループごとにざっくばらんにお話していただいたんですが。
これまたどのグループもものすごい盛り上がっていました!!

・・・私、いまいち話の盛り上がらないグループに入っていこうかな?って思ってたんですが、どのグループも盛り上がりすぎてて入れなかった(苦笑)

そこでとても印象に残ったのが。
お話しているときの皆さんの目がとても輝いていたということ。
感想をお伺いすると「いろいろお話を聞いて発見があった」「みんな頑張ってるんだなと刺激を受けた」などなど。


その輝いた目を見て、皆さんが帰りに「楽しかったです!」「また声かけてください」と笑顔で帰ってくださったのを見て。
「開催してよかった!」と心から思えました。
そしてこういう機会ってやっぱり必要なんだな、と。

最後に皆さんでパチリ。皆さん本当にいい笑顔です!
DSCF2703 私自身もたくさんの気づきと刺激をもらえた交流会でした。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました!

ついにTVに登場!

2015-11-12|ママントレのこと
神戸新聞や読売新聞などにも掲載していただいた、エリアマイスターの商品開発プロジェクト「リディア」。

ついにテレビに登場です!!

文章や写真だけだと商品の魅力ってやっぱり伝えにくくって。 これまでにご購入いただいた方のほとんどは、実際私が着用しているのを見て良さを知っていただいた方でした。 実際に手に取ってみたり、見ていただいて初めて魅力が伝わるなあ・・・と実感していたところだったので、TV取材のお話はものすごくうれしかったです!

取材当日は、いつものKJ WORKSさんにカメラなどの本格機材が入ってメンバーもドキドキ。 でもいざ会議となると、みんなカメラがあることを忘れていつも通りでした・・・・オフレコワードが電波に乗らないことを祈る(笑)

メンバーおよび五洋の小野さん、クルールの福山さんのインタビューも撮っていただきました!

この様子が、どのように4分にまとめられるか。今から楽しみです!!

放映情報

2015年11月29日(日) 22:00~22:25 サンテレビ リディア

結局は自分~「働く女性のための応援セミナー」無事終了しました!

2015-09-20|ママントレのこと
神戸いきいき勤労財団にお声かけいただきお話させていただいた「働く女性のための応援セミナー」。
無事終了しました。
参加者はほぼ満席の19名。
しかも当日キャンセルの方が一人もいなかったとのこと!
無料のセミナーでこれってすごい!かなり遠くから来てくださった方もいるそうで。
本当にありがとうございました!

これまではセミナーといってもFacebookやブログの書き方など、ITノウハウをお伝えさせていただく機会は何度かあったのですが。
今回は初めて自分の起業にいたるまでのストーリーを包み隠さずお伝えさせていただきました。
知り合いの方には、「そんな過去があったんだね!」と驚かれたりも。
自分にとってもこれまでのことを振り返るとてもいい機会になりました!!

みなさん、本当に真剣に聞いてくださって。
「人生を楽しむために必要な4つのこと」をお話した時には、必死にメモを取ってくださっていました。
(個人的にはまったく笑いを取れなかったところが今後の課題・・・これまでのセミナーで笑いをかっさらっていた方を改めて心から尊敬しました)

そしてお話の後には、「今の悩みから解放されよう」と題して、今の悩みとその原因を探るワークを行い、隣の方とお話していただく時間を設けたのですが。
それまで「悩みある方~」と質問してもまったく手が上がらなかったのに、口を開いた瞬間に堰を切ったようにみなさんの切実な悩みが飛び出してきて。

終わった後には個別に相談に来てくださる方も。
みなさん悩みを抱えているけれど、それぞれ立場も違ったりして、なかなか相談したり口にしたりする機会がないのかな、というのを感じました。

結局のところは、「自分がどう思うか」

「結局は自分がどう思うか」
その言葉で今回のセミナーを締めくくったのですが。

どんな悩みも結局いきつくところはそこだと思うんですよね。
他人のせいにしてしまうことは簡単だけど、結局また自分のところに返ってきてしまうし。

「仕事が忙しすぎて、ワークライフバランスがとれない」というお悩みもあったのですが。

そこもやっぱり、どこを優先するかで。
「子どもと過ごす時間を優先したい」のであれば、人事評価が下がるのを覚悟で「これから私は定時で帰ります。残業はできません」と宣言してしまうというのも一案。
はたまた「仕事を一番優先したい」のであれば、子育ての部分をご主人や両親などたくさんの方々に協力してもらうというのも一案。
どうしても理解がない会社なのであれば、思い切って転職活動をしてみるというのも一案。
ちなみに多分ですけど。定時に帰ったとしても、最初は文句とか言われることがあるかもしれないけど、意外と気にする人って少なくて、ほどなくそれが当たり前の認識になってしまうと思うんですよね。
私自身も17時ピッタリに帰ってましたが、それに対して何か言われることは全くありませんでした。



ただ「自分が納得できるかどうか」は他の選択肢があってこそ。
そのためにはやっぱり何か気になることがあったらとりあえずやってみることも大事なのかな?と。
ひょっとしたら今日のセミナーもそのヒントを探る機会、という方もいらっしゃったのかな?
今日参加された皆さんが、悩みから抜け出すきっかけになったとしたらとてもうれしいです。
リディアのキャミソールで快適に♪
2015-09-19 15.45.47 今日はインナーに「授乳もできる!シルクシフォンブラキャミソール」を着用してみました。
秋になって寒暖の差も激しくなってきたので、「何着ていけばいいんだろう」と思いつつ、外が暑かったのでちょっと薄手のジャケットを着ていったんですが。
セミナー会場の中は空調が効いていてちょっと寒いくらい。
それでもこのキャミソールのおかげで冷えることもなく快適に過ごすことができました♪
寒暖の差が激しい、この時期にこそ最適なアイテムかも。

>>神戸ママが開発!「授乳もできる!シルクシフォンブラキャミソール」絶賛発売中
リディア
おまけ
終わった後、ちょっと飲んでいた時に「野暮ったいのでもうちょっと垢抜けた方がよい」とのご指摘が・・・(涙)
確かに女子力は低いですが、そこまでひどいとの自覚はなく。
どうやらスザワ改造計画が立ち上がりそうです。さてどうなるか!?

想いがカタチに~シルクシフォンブラキャミソール、発売開始!!

2015-09-17|ママントレのこと
9月17日(木)。
一粒万倍日。

いよいよこの日を迎えました。

クルールはんしん×エリアマイスター×五洋株式会社のコラボにより進めてきた商品開発プロジェクト「Re:Dear」で6ヶ月にわたって議論を重ねて誕生した商品。
「シルクシフォンブラキャミソール」の発売日です!!!


ほぼゼロからのはじまり

はじまりは、「クルールはんしんでネットショップを始めるんだけど」というお声かけからでした。
そこで「エリアマイスターと一緒にママ向け商品開発をしてみませんか?」という話になって。
協力してくださる方いるかな・・・とドキドキで募集をかけてみたらなんと10名ものママが集まってくださって!
しかも、さまざまな分野で活躍している方ばかり!!

初回2月の会議は「3000円以上の布製品」というほぼゼロに近い状態から始まったのですが。
みなさんアンテナを張っている方ばかりだから、いろんな意見が出てくる出てくる!
たった2時間の間に商品化できそうなアイディアが7つも出てきて、これには参加されている男性陣びっくり!


これは絶対にいいものができる!

そう確信はしたものの。商品開発のプロというわけではない私たち。
「やっぱりこれは実現難しいよね・・・」「価格が釣り合わないかも・・・」「そもそもターゲットは誰なんだろう?」など何度も壁にもぶつかりました。

6ヶ月にわたり試行錯誤を重ね、今こうして皆様の前にお披露目することができました! 商品ができあがってきたときはもう感動で涙がでました。
先日新聞記者の方に取材していただいた際に、「そうはいっても妥協したポイントもありますよね?」と質問されたんですが。
「妥協したところ・・・ないと思います」と即答してしまうほど。

こんなにこだわりが詰まっているんです

私たちがまずこだわったのが、ファストファッションにはない上質感。
ちょっとお仕事、お出かけというときにテンションが上がるようなもの(授乳服っていかにもって感じのものが多いですもんね)。
そして「こんなに詰め込まんでもええんとちゃう?」と思えるくらい、この商品にはこだわりを詰め込んでいます。

  • 「外でも授乳しやすいのがいいよね」→ストラップを外せるようにして服をめくる面積を少なく。
  • 「いかにも授乳服じゃないもの/産後もずっと使えるものがいい」→あえて授乳用として考えず、「授乳はオプション」というコンセプトに。
  • 「肌に優しいものがいい」→肌に触れる部分は国産のシルク。肌触りもよく伸縮性があるから体にぴったりフィット。腹巻のような感じに
  • 「金属や化繊アレルギーの人もいるよね」→ストラップは綿素材を使用。また金具は使わず樹脂に
  • 「産後って体型が変わるから、対応できるものがいいよね」→ストラップは調節可能。また中の部分は伸縮性があるのでSサイズ~LLサイズまでOK(メンバーで試し済み)
  • 「ぽっこりお腹も隠したい」→シフォン生地でふわっと隠してます
  • 「色は白がいいけど透けないのがいいよね」→シフォン生地を二重にすることで透けを防止
  • 「ブラパッドは取り替えられるといいよね」→取り外して、市販のパッドなどを入れられるようになっています。
  • 「ブラ不要でラクなのがいいけど、ダラっとするのも困るよね」→中のシルクがぴったりとフィットするから全然ダラっとしない。そして胸パッドも大きめなので、しっかり包んでくれる
  • 「ビジネスでも使えるといいよね」→スーツのインナーとしてもぴったり
  • 「着回しがきくといいよね」→シルクだから夏涼しく、冬暖かく。上に羽織るものを変えればオールシーズン対応。フォーマルにもカジュアルにもいけます
  • 「いろんなアレンジがきくといいよね」→あえてシンプルに。ストラップも取り外し可能なのでベアトップとしても使えるし、ビジューなどのついたストラップをつけるのもあり
ほんとここまでたくさんの要望を実現してくださった五洋の小野さんには頭が上がりません(^^;)

ママ×企業。どちらが欠けても成り立たない

このプロジェクトの特徴は、ママのアイディアと企業の持つリソースがガッチリ噛み合ったということ。
ママは「こういうのがあればいいのに」というアイディアはたくさん持っているけれど、それを実現する手段がない。
一方で、企業は製品を作るためのノウハウや取引先などはたくさん持っているけれど、それを活かすためのアイディアが少ない。
今回この商品を実現できたのはメンバーがたくさんのアイディアを出してくれたから。五洋の小野さんが私たちの意見を持ち帰り、「こういう形でなら実現できる」と取引先や縫製工場など奔走し、交渉してくださったおかげに他なりません。

たくさんの方の協力なしでは語れない、このプロジェクト。

参加メンバー、実現してくれた五洋株式会社の小野さん、毎回素敵にクルールはんしんに掲載してくださった編集長・福山さんはもちろん。
月1回の会議で場所を毎回提供してくださったKJ WORKSの山口さん。
ロゴを作成してくださったモバイルエールさん。
撮影を担当してくださったルカフォトさん。
商品に同梱するチラシを作成してくださったChoco*tさん。
皆さん、本当にありがとうございます!

ここからが本当の始まり

作って、できてよかったね!で終わってしまっては子どもの工作と一緒。
「商売」なのだからここからがまさに本番です。
せっかく自分たちが心から「皆さんにオススメしたい!」と思えるものを作ることができたんだから、たくさんの人にその良さを知ってもらって手に取ってもらわなくてはなりません。
今、メンバーが必死にSNSでの発信やプレスリリース発信、知り合いの記者さんへの連絡などしてくれていて、おかげさまでFacebookページの「いいね!」もページ開設から1週間弱で100も集まりました。

【Webサイト】http://areameister.jp/redear/
【Facebookページ】https://www.facebook.com/redearkobe


そして私の想いとしては。 このプロジェクトが成功することで「ママ×企業」のコラボがだんだん広まり、私たちの声が企業にダイレクトに届くようになって、「本当に欲しいもの」がどんどん世の中に誕生していくと思うんです。
LED関西に出場したことで、近畿経済産業局も注目してくださっている今だからこそ。
「ママのアイディアと企業のリソース」というコラボをスタンダードにしたい。 「ママの力」を証明して第二弾、第三弾、はたまた他のプロジェクト・・・と続いていくものにしたい。そう思っています。


私たちの子どものような存在の「シルクシフォンブラキャミソール」。ぜひぜひよろしくお願いいたします!!

9月24日(木)「笑顔で働きたいママのフェスタ」にてお披露目会を開催!

現在ネットでの販売のみなのですが。 実際に手に取ってみないとこの商品の良さは伝わらないのかも?というわけで。 9月24日(木)・25日(金)に神戸umieで開催される「笑顔で働きたいママのフェスタ」のママントレブースにて、展示販売を行います!
また24日(木)14:15~は、今回の開発プロジェクトメンバー8名によるお披露目ステージも開催します。
入場無料。ぜひお越しくださいね!
開催概要
【日時】2015年9月24日(木)・25日(金) 10:30~16:00
【場所】神戸ハーバーランドumie センターストリート1F中央特設会場
サウスモール1F中央特設会場
モザイク2F 花の広場
モザイク2F 光の広場
【アクセス】JR神戸駅徒歩5分/高速神戸駅 徒歩10分/ハーバーランド駅 徒歩5分 http://umie.jp/static/detail/access

エリアマイスターから新しいご縁が続々と。

2015-09-16|ママントレのこと


今日、エリアマイスターからまた新しいご縁が生まれたということでご報告いただきました。
今回は、正社員採用。
エリアマイスターは人材紹介ではなくあくまで「出会いの場」の提供なので、ご当人同士で連絡を取り、面談し、雇用形態や条件など直接お話いただく形をとるのですが。

依頼主の方からも個人の方からも、「素敵なご縁をありがとうございました」と感謝していただき。
私もうれしい気持ちでいっぱいになりました。

特に個人の方は、小さいお子さんが二人いるけれど、土日勤務が当たり前の職場で、預け先が無く困っていて転職先を探していたけれど、やはり「小さな子どもが二人いる」というだけで不採用になっていたそうなんです。
自分の能力不足ならまだあきらめもつくけれど。
子どもがいるから、という理由だけで不利になるってなんか悔しいですよね・・・。

でも今回は違った。
依頼主の方に事前にそのような話をしたのですが、「うちの会社は人柄重視で、お子さんがいる女性スタッフも3名いますよ(←10名以下なのでかなりの確率かと!)」とおっしゃってくださったんですよね。

だからこそものすごくうれしかったんです!

資金が必要だったり、いろいろ壁があったり、考えなきゃいけないことや課題も山積みで「本当にこのまま進めていくべきなのかな・・・」「私にできるのかな・・・」と正直弱気になったことも多々ありますが。

必要としてくれている人がたくさんいる!だから頑張ろうと改めて思えました。

だって、本当に必要なものって必要としている人の中からしか生まれないと思うから。
現在の「女性の活躍推進」政策もあくまで男性が描いたシナリオであって、「これどうなん?」と思えるものも少なくないですもんね。

私もなにかしたい・・・!という方はぜひ「笑顔で働きたいママのフェスタ」へ!
無料の登録相談会開催します!

9月24日(木)・25日(金)に神戸umieにて行われる「笑顔で働きたいママのフェスタ」では、エリアマイスターの登録相談会を行います!! 「私にはどんな働き方ができるだろう」「フルタイムは無理だけど自分のスキルを活かしてみたい」「何か始めたい」という方。 相談無料ですのでぜひお気軽にお越しくださいね!!

**お越しの際には事前予約を**
事前予約された方には協賛企業からのさまざまな豪華プレゼントがありますよ~。
事前予約の際は、紹介者欄で「18:ママントレ」を指定してくださいね!
予約フォームはこちら:http://ws.formzu.net/fgen/S79560158/ 11900053_971997346185078_2877723799882570420_n

エリアマイスターWebサイトいよいよ大詰め!

2015-09-10|ママントレのこと


昨年11月より開始した「エリアマイスター」。

おかげさまで徐々に広がりつつあり、ありがたいことに連日
「興味あるんですが」
「ぜひ利用してみたい」
「登録はどうすればよいですか」などお問い合わせのご連絡をいただいています。
実際にお仕事に結びつくお話も、次々と出てきています。

そうなると待望されるのが、Webサイトの完成。
無邪気に「こんなことできるといいな~♪」と作成した機能一覧をシステム開発の方に提示したら、「これまともに作ろうとすると1000万円くらいいくレベルだよ」と言われ撃沈。
その後どうやったら実現できるか?と試行錯誤を繰り返し。

そして。

エリアマイスターとしてもご登録いただいているWebデザイナーの佐多愛美さんとシステムエンジニアの長池能理子さんの多大なるご協力を得て、どうにか今月末にベータ版を完成することができそうです!

で、今日はその会議だったんですが。
いやー、本当にお二人ともすごい!
「こんなことしたいんだよね」というと、形にしてくれる!しかもサラリと(自分自身もWebやってるからサラリとできないことであることがものすごくわかる)。
そのうえ「こんな機能もつけれるよ」と提案までしてくださって。
日々感謝の気持ちでいっぱいです。

私自身、Webの仕事をしているのである程度は自分でやることができるんです。
でも一人でできることにはどうしても限界があって。
その部分をお二人がものすごい勢いでカバーしてくださっています!しかも素晴らしいクオリティで。
しかも自分の頭にはない、エリアマイスターの魅力や機能も存分に引き出してくれて。

「人の力を借りることの大切さ」
それを改めて実感しています。

2015年9月24日(木)、「笑顔で働きたいママのフェスタ@神戸umie」にてついにお披露目予定です!
それに向けて今は大詰め。
ああ、早く皆様にお披露目したい。私もサイトオープンに向けてやらなきゃいけないこと山積みですが、頑張ります!

ちなみに、このエリアマイスターWeb会議。
毎回、中津のコワーキングスペース「コモンルーム中津」を利用させていただいているのですが。
訪れた9月9日はなんと2周年記念ということで!なんと無料DAY!
フロアはきれいだし、ネット環境は快適だし、会議室も借りれるし。
もっと家が近かったら、毎日でも通いたい場所です!

>>詳細はこちら

実はチラシは奥が深い~チラシ作成セミナー開催

2015-07-24|ママントレのこと

先週はキックオフ関西さんにて、「女性起業家のための集客効果のあるチラシ作成術~思わず手に取りたくなり、想いが伝わり、成果が出せるチラシの作り方~」と題したセミナーを開催させていただきました。

大型台風到来&それにより急遽予定等が変更になる方も多いという状況にも関わらず、10名もの方にお越しいただきました!

お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

 

Facebookやブログについてお話させていただくことはあったのですが、チラシについてお話させていただくのは実は初めて。

でも確かに「チラシを作って欲しい」っていう要望は多いですし、チラシってスペースが限られているから伝えたいことをどう載せるかって実は結構難しいんですよね(私も作成のたびに悩みます)。

 

まずは講義で

〇つい陥ってしまいがちなポイント

〇プロとそうでない人との違い

〇チラシ作成のための便利ツールや情報

などについてお話させていただき、後半は希望者の方にチラシの公開添削をした後、コンセプトシートと構成表をもとに実際にチラシを作成するワークを行いました。

 

 

仕事柄引きこもっていることが多いので、あまり人前で話すことになれていないのですが。

皆さんとても優しく(笑)。私のつたない話を最後までとても真剣に聞いてくださっていました!そしてうれしいお言葉もたくさんいただきました!

 

 〇大変具体性があって得るものが多かったです!

〇いろいろなセミナーを受講しましたが、こんなに実践的なものは他にないと思う!

〇陥りがちなパターン、自分にあてはまるところがあったので今後の参考にします。

〇とてもわかりやすかった。知らないサイトの情報なども知ることができてよかったです。

〇考え方、取り組み方がとてもよく勉強になりました。

〇にこやかでソフトな先生で安心しました(笑)

〇改めて自分のやっていることをまとめるいい機会になりました。

 

そして一番うれしかったのが。

参加者の横田真由美さん(マタニティセラピスト協会代表)が、今回の講座を聞いてさっそくご自身のチラシを作成してくださったこと!

作成したチラシを拝見すると、私がお話させていただいたポイントが随所に散りばめられていて、ものすごい嬉しくなりました。

「コンセプトシートがあったから、何を書くか迷わずに済んだ!」という感想もいただきました(^^)

 

 

パンフレットなどはある程度ちゃんとしたものを用意したほうがいいのかな?とは思いますが。

イベントチラシなどは毎回外注すると経費がかかりすぎるので、自分でちゃちゃっと作成できたらいいですよね。

ちょうど終業式前日、また時間が午後だったというのもあり、(あと神戸方面の方から場所が遠いとも)「本当は行きたかった!」という声も多くいただきましたので、また開催しようと思います。

ご興味ある方はぜひご参加くださいね(^^)

 

 

おまけ

「これを機にセミナーの仕事を増やしていったりしないの?」というご意見も頂いたのですが。

やはり私は、お客様のご要望をお伺いしてそれをカタチにしていくというのが好きなので、そこは今まで通りかと(^^)

・・・それにしても、ウケを狙うって難しいですね(いや別に狙わなくていいんですけど)。ポイントを伝えながらも爆笑をとる講師の方ってすごい!と改めて尊敬します。


あれから半年・・・夢の続きはまだまだこれから。

2015-07-19|ママントレのこと

昨日はLED関西を中心とした関西女性起業家応援プロジェクトの女性交流会でした。

主催の近畿産業局をはじめ、サポーター企業の皆様が集結。

その中で、LED関西ファイナリストとして1月の発表から半年後の経過報告の機会をいただきました。

 

振り返るといろいろなことが見えてくる

発表の前に、プレゼン資料を作成したのですが。

自分にとってこの半年の活動を振り返るいい機会となりました。

 

LED関西応募前、「エリアマイスター」は「こんなものあったらいいな」という構想でしかなかったんです。

「笑顔で働きたいフェスタ」でたくさんの方から支持いただいて、「これはきちんと事業化していこう!」そう思ったのが応募のきっかけ。

 

そこから産創館の岡島さん・奥村さんやLED関西運営責任者の井本さんをはじめ、たくさんの方にアドバイスいただいたり、たくさんの方とご縁をいただいて、今、ようやく事業として形になりつつあります。

とてもじゃないけど一人では実現できなかったことです。

 

 

また発表を聞いていただいて

「半年前と全然雰囲気が違う!」「自信が出てきた感じがするね」「こんなに進んだんだね!」などうれしい声もたくさんいただき、それがまた自分の活力に。

人に聞いてもらうのって大事ですね(^^)

 

そして他のファイナリストの皆さんの半年も「すごい!」の連続で、「私も頑張らなきゃ!」と刺激を受けました。

LED関西は、出場後のサポートも充実

LED関西は、コンテスト形式ではなく、27社のサポーター企業が「これはいい!」と思った事業プランに賞を授与するといういわゆるスター誕生形式(古い)だったのですが。

「エリアマイスター」では以下の3社から賞をいただきました。

●近畿経済産業局

●さくらインターネット株式会社

●トーマツベンチャーサポート株式会社

 

近畿経済産業局からは、なんと経済産業省が発行する「METI Journal」に取材記事を掲載いただく機会をいただきました!

 

そしてさくらインターネット様からは、これからエリアマイスターのサイト制作にあたって必須となるサーバーとSSLを1年間無償提供!!導入にあたってのフォローなどもしていただきました。

また、エリアマイスターWebサイト完成後は、「ママがサーバーとSSLを有効活用した事例」として取材もしていただけるとのことです。

 

トーマツベンチャーサポート様からは3か月のコンサルだったのですが、担当の吉川さんと俣木さんには本当に親身に相談に乗っていただいて。そして相談に乗ってもらうだけでなく、女性起業家の集まりにお声かけいただくなどさまざまなご縁もいただきました。

 

他のファイナリストの皆さんも、サポータ賞をさまざまな形で活用されているようです!

よくビジネスコンテストだと「優勝賞金」という形が多いですが。

こうして実際のフォローをしていただけるというのには、お金に替えられない価値があってとてもいいなあ、と実感。

 

一番の財産は「出会い」

でも、それよりなによりLED関西に出場したことによって得た一番の財産は「出会い」。

これまで出会うことのなかった方々とのたくさんのご縁をいただきました。

まさか近畿経済産業局の方とつながっているなんて、1年前の自分に想像できただろうか(笑)

 

「エリアマイスターのような働き方をスタンダードにしていきたい」という心強い声をいただいたり、また「これからは女性が活躍する時代だよね」と言ってくださる部長に「女性が活躍するためには、男性の理解も不可欠なんです!(だからぜひ近畿経済産業局からも発信してください)」と恐れ多くも提言までしちゃいました(苦笑)

 

そして自分がこれから進んでいくにあたってメンターとなる方との出会い。

特に、有料会員ビジネス「マイベストプロ」を全国展開される株式会社ファーストブランドの河本さんに、立ち上げまでのお話を直接お伺いすることができたのはうれしかったです!

 

 

Pasion Meets The Reality~想いは現実を超える

「想いは現実を超える」~これはLED関西のキャッチフレーズなんですが、まさに今自分自身がそれを実感しています。

いよいよLED関西2016もスタート。

今年はサポーター企業も3社増えるほか、サポーター賞も昨年に増して充実しそうです!

応募前のイベントなどもいろいろとあるようです。

そして私たちファイナリストも『アンバサダー』という肩書きで、僭越ながらこれから応募される皆さんのフォローなどをさせていただくことになりました。

 

今、やりたいと思っていることがある方。

ぜひ応募してみてください!

ほんと、大袈裟じゃなく。ここから人生が変わりますよ(^^)

女性起業家応援プロジェクトLED関西

 


商品開発、いよいよ大詰め!

2015-07-10|ママントレのこと

今年の2月より開始した「クルールはんしん×エリアマイスター」の商品開発。

9月発売に向けて、いよいよ大詰めです!

 

ブランド名もRe:dear(リディア)に決定。

「ココロを込めて。私たちの子育て経験を次の世代につなげたい。」この名前にはそんな意味が込められています。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします♪

redear

(ちなみにこちらのロゴは、モバイルエール橘明日香さんに作成いただきました!)

 

そして気になる商品第一弾は・・・。

「授乳もできるシフォントップス」

「授乳服っていかにもって感じのものが多いよね」「なかなかお仕事とかおでかけに使えるのってないよね」「だからといってユニ●ロばっかりもね・・」

そんな意見からこの商品開発がスタート。

 

15日発行のクルールはんしんさんの誌面にも掲載していただいていますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

11696493_878913482182845_4480298902941916240_o

 

今日は、あがってきた商品の再チェック。

実は前回、「これだととても外に着て出られない・・・」という状態なので内心ヒヤヒヤしてたんですが。

 

 

・・・・・ものすごいいい!

 

何がいいって。

 

「授乳もできる」ということなので、ストラップが外せるとかブラパッドの取り替え可能とか機能的なところもあるんですが。

 

それより何より着回し力抜群

スーツのインナーとしても、カーディガンを羽織ってもOK。裾がヒラヒラしているから、ショート丈のアウターにもぴったり。

 

そして着心地

肌に触れる部分に国産のシルクを使用しているので、優しい肌触りで、締め付けもなくほどよいフィット感。

敏感肌の人にもピッタリですよね。

しかもシルクなので、夏は涼しく冬暖かく。オールシーズンOKなんです。

そして、シフォン生地で気になるお腹もしっかりカバー(←ここ大事 笑)

 

これは授乳中じゃなくても絶対使えるから欲しい~!

これがあるから、今回バーゲンでインナー買うのやめました(笑)

 

思わずこんなに笑顔に!

DSCF1724

「これ今日、買って帰りたいんだけど」「このまま着てかえっていい?」との声が続々と。

 

本当に「私たちがリアルに欲しい」商品ができあがりました!

 

思えばこのプロジェクト。

「3,000円以上で布製品」

ということしか決まっていない状態で1から始まったんですよね。みんな商品開発が初めて、という中ですべて手探りで・・・。

GOサインを出したけど、進めていくうちに結局ボツになるということもしばしば。話を進めていくうちに「これはどうすればいいんだろう」と立ち止まることもしばしば。

 

だからこそ、こうして商品ができあがったときの感動はひとしお。

よく座談会で意見を言って・・・という機会はあるけど、すべて1から創り出せるってほとんどないんじゃないかな?

 

早く皆さんにお届けしたいです~!!

 

 

微調整などを加えて最終形は9月にお披露目予定。

詳細は追ってお知らせします。どうぞお楽しみに!

 

 

そしていつも会議の会場としてお世話になっているKJ WORKSさん。

いつもありがとうございます!


人生は、自分が選んだものでできている。

2015-06-18|ママントレのこと

今日は、いつもお世話になっている甲東園の逸材屋さんで打ち合わせ。

26日に共催させていただくセミナーのことのほか、女性の就業支援活動に関するさまざまなコラボの話をいただきまして。

これから西宮・芦屋を中心にエリアマイスターの活動を広げていきたいと考えている私にとって、とてもうれしくもあり心強いです。

 

「依存しない」「できない理由ではなくてどうすればできるのかを考える」

で、いつもお会いするたびに女性の就業について熱く語り合うのですが。

その会話の中で出てきた2つのキーワードがあります。

それは。

「依存しない」「できない理由ではなくてどうすればできるのかを考える」

 

そうそう!そうなんです!

(ちなみに2つめは石田純一さんの言葉だそうで。「不倫は文化」の印象が強いけど、意外といいことも言うのね 笑)

 

 

『どうしたらいいんだろう』って悩みからなかなか抜け出せないときって、この二つが絡んでることが多いんですよね。

「自分ではない何かがどうにかしてくれる」っていう期待と、できない理由を探してやらない自分を正当化しようする気持ち。

めちゃわかります。

なぜなら過去の私がまさにそうだったから。

 

 

結局、選んだのは全部自分。

出産して1年くらいたった頃。

働きたくても働けなくて、ようやくパートの仕事に就くことができたのはいいけれど、稼ぎがすべて託児代に消え、さらに娘が託児所に行きたくない!と号泣するという悲惨な状況。

「稼ぎもなくて、子どもも泣いてて私はいったい何をやっているんだろう」

「保育園に入れればフルタイムで働けるのに、どうして入れないの?」

「あのまま正社員の仕事を辞めずに続けていたらよかったな・・・」

「親の近くにいればもっと自由に働けたのに。何で関西に嫁いでしまったんだろう」

「主人が仕事でほとんど家にいなくて、育児も家事もほとんど自分一人・・・しんどい・・・」

何をしても空回りで、他のママ友たちが羨ましくて仕方なくて、「どうして私だけ・・・・」とまるで自分だけ悲劇のヒロインになったかのようでした。

 

でも卑屈になったところで、同情こそあれど、誰が何をしてくれるわけでもなく。

できないことを嘆いても何も解決するわけでもなく。

「結局、全部選んだのは自分じゃない!」ってあるとき気が付いたんですよね。

 

 

もちろん、人生には自分や家族の病気、不慮の事故などどうにもならない不可避なこともあります。

 

でも。

親元から離れて関西に嫁ぐことを決めたのも自分。

主人を選んだのももちろん自分。

「出産後はさすがに続けられない」と判断して仕事をやめたのも自分。

子どもが欲しい!と思ったのも自分。

 

なんかそう思った瞬間に、イラッとくることがあっても「しゃーない、私が選んだんだもん」と思えるようになって、すごく楽になりました。

そしてそう思って、そのときどきでできることを探すようになってから、夫や娘との関係もものすごく良くなった気がします(まさに「ママの笑顔が家族を幸せに」って言葉があてはまるのかも)。

 

 

大事なのは、自分が自分の決断に納得できるかどうか。

正社員、パート、フリーランス、専業主婦。

働き方やライフスタイルは人それぞれ。どんなカタチでもいいと思うんです。

大事なのは、人がどうとかじゃなくて、 『自分が自分の決断に納得できるかどうか』、なのかな?と。

 

周りにはいろいろな意見を言う人がいます。

たとえば「保育園に小さい頃から行かせるなんてかわいそう」っていう人もいますけど、じゃあその人がうちの家計を援助してくれますか?って話なんですよ。

それにその人の言う通りの選択をしたとしても、家庭環境も状況も違うから、幸せだとは限らないんです。

 

納得できるのは、いろいろな選択肢があってこそ。今、一番必要なのは多様な働き方。

ただ、そうは言っても。

現状では選択肢があまりにも少ないですよね。

政府が「女性雇用推進」の政策を進めているといってもあまり正直実感がない、という方も多いのではないでしょうか?(少なくとも私はありません)

「正社員で働くのはつらいけど、やめたらもう再就職できないし」

「外に出て働きたいけど、託児ができないからそもそも働けない」

「条件重視で選ぶと希望の仕事に就けないし」

他に選択肢がないから仕方なく・・・という方もきっと多くいらっしゃいますよね。

 

でもそこで

「もしやめたとしても、他の働き方がある」

「託児がなくても在宅で働ける」と思えれば。

現時点でそれを選択しなかったとしても、気持ちはものすごく楽になるんじゃないかな?と。

 

そう考えると今一番必要な女性就業支援って、制度を整えることよりもまず「働き方の多様性を認めていけるように社会全体の意識を変えること」なんじゃないかな?とも思います。

 

「ママの働き方はもっといろいろあっていい」

社員かパートだけじゃない。選択肢はいろいろあるんだよ、ということをたくさんのママに伝えたい・・・創業当初から、ママントレのその想いは変わりません。

そしてその想いを実現すべく、エリアマイスターのプロジェクトを立ち上げました。

地域の中で、必要な人同士がつながる新しい働き方。

まだまだ課題は山積みだし、「ママ起業ブーム」で類似サービスも続々と登場していますが。

必要としてくれる方々にきちんと届けられるように。

9月にはWebサイトもオープン予定。ここからまたたくさんのつながりが生まれますように。

 

 


6月26日(金)のイベントでは、まず「自分が納得できる働き方・生き方って何だろう/どうすればよくなるかな?」というなかなか普段改めて考えることのない議題を参加者の皆さんとざっくばらんにお話できればと思っています!

私たちの生き方は、子どもたちに多大なる影響を与えます。

自分の姿を通じて、子どもたちにどんなメッセージを伝えたいのか?

働き方に悩む方もそうでない方も。ご参加お待ちしております!

 

6月26日開催『ママのためのキャリアデザイン講座』詳細はこちら

seminar_0626

 


いつもと違うお仕事。そして初心に返る。

2015-06-02|フリーランス日記

早いものでもう6月。 初日である今日はこんな変わったお仕事でした。

さあ、私は何をしているでしょう・・・・?

 

正解は。 私の住む兵庫県芦屋市の広報番組『あしやトライあんぐる』の撮影でした!!

 

実は、この番組の市民リポーターとして登録しておりまして。

2年前にママ友に「やってみない?」と誘われ。2014年3月の初出演から、1年3ヶ月ぶり2回目の出演です。

ナレーションなんてやったことないし、ほんと素人で、出ること自体はものすごい恥ずかしいんですが(^^;)

人前で喋るいい機会&自分の知らない街の情報を知るいい機会、ということで。

 

今日は、子育て制度の特集。

今年より始まった認定こども園や、2歳児までの保育施設、親子で遊べる施設、そして子育てアプリのことなど。

昨年から娘が小学校に上がったため、あまり耳に入らなくなった最近の子育て事情を知るいいきっかけになりました。

「待機児童問題、全然解消されてないじゃない!」という怒りの声をよく聞くけれど。

行政も何もやっていないわけではなくて。担当者の方もいろいろ考えてやってくれているんだなあ・・・ということを実感(今日の担当者の方はまさにご自身が2歳のお子さんの子育て真っ最中とのことでした)。

でもやっぱり、人によって事情も環境も違うから、「みんなが満足するもの」ってのは難しいんだよね。

 

そして。 親子で遊べるスペースでたくさんの親子連れが遊んでいる姿を見て、ちょっと昔の自分を思い出した。

今でこそなんでも話せるようなお友だちがたくさんいるけれど。

子どもを連れて、初めてこういうところに来るときめちゃめちゃ緊張したよなあ。

すでにグループができあがっているところは特に。

しかもテレビとかで「ママ友地獄」「ママカースト」なんて話題もしょっちゅう耳にするから余計に。

月齢が近い子どもがいる人は話しかけやすかったけど、どこまで話していいのかっていうのも何となく探り合いだったなあ。

 

そしてこれがママントレの原点だったんだよなあ。 「自分らしさを少しでも取り戻したい」と。

 

 

ちなみに番組は6月16日から半月、毎日 9:00~、12:00~、15:00~、18:00~、22:30~の5回放送されるそうです。

神戸・芦屋限定にはなりますが、子育てに有用な情報が盛りだくさんなので、ぜひご覧になってみてくださいね!


「ママmeetsワーク」その後~新しいつながりが続々と

2015-05-31|ママントレのこと

1か月前に開催し、好評をいただいたママmeetsワーク。

イベントのコンセプトは「みんな違ってみんないい」 人によって仕事に対するスタンスや価値観は違うのは当たり前。

だから無理矢理型にはまろうとせず、「自分らしさ」を見つけられれば・・・そんな想いで開催し、12名の登壇者からもさまざまなお話が飛び出しました。

 

で、実は。

このイベント、もう一つの目的がありました。 それは何かというと。

 

「ここから新しい繋がりを生み出したい」

ということ。

 

そう、トークショーだけであれば正直こんなに詰め込まなくてよかったんです。

それに新しいつながりを求めるのであれば、交流会だっていくらでもある。

 

でもそうじゃない。

 

「みんなで一緒のイベントを創り上げる」という共通の目的があるからこそ、できることがあるんじゃないか? そう思ったんですよね。

 

 

そして1カ月たった今。

あれからいろいろなところでつながりが生まれているというのを耳にして、ものすごくうれしい気持ちでいっぱいです。

 

 

「○○さんと意気投合してランチに行ってきたんですよ」

「こんど○○さんと一緒にイベントやることになったんです」

などなど。

 

中でも一番うれしかったのは、日本ペーパーアート協会とペーパークイリング作家のこじゃるさんのコラボ講座がなんと7月からスタートするというお知らせ!

詳しくはこじゃるさんのブログに記載されています(^^)

http://ameblo.jp/kota27taku23/entry-12033199896.html

 

そして、会場である「スタジモにしのみや」さんでも「今度イベントやります」という方が続々と。ここにもまた新しいつながりが!

 

そういえば、15日に開催した打ち上げも大いに盛り上がりました! (写真お借りしました)

 

エリアマイスターの原点も「新しいつながり」

私がエリアマイスターを始めたい!って思ったきっかけもまさに「地域の中に新しいつながりを作りたい」ということでした。

必要とされている人々がまだお互い出会っていないだけで、出会うことができればもっと世界が広がっていく。

どうにかしてその枠を作れないだろうか?って考えたんですよね。

 

最近、エリアマイスターの先行事例となるようなサービス「エニタイムズ」が出てきました。

ある意味、エリアマイスターは比較されて後発的な扱いになるかもしれないし、エニタイムズのように「DeNAなどから2.3億円の資金調達」なんてすごいことはできない。

でも、小さくても私たちらしくできることはあるはず!そんな思いでいよいよシステム制作に着手し始めました。

Webシステムは9月上旬完成予定。

たくさんの皆様のつながりの場所になれるように。気合入れて頑張ります!!


交流会の認識を覆す!?ふくびき会&プレシャスアカデミー

2015-05-15|フリーランス日記

「えっ、そんなん絶対嘘でしょ」ってよく言われるんですが。

実は私、交流会と呼ばれるものがとても苦手です。

 

「出会いは人を変える」というのは日々の活動の中で常に実感しているし、だからこそどこにご縁があるかわからないから、いろんな人と会ってみることは大切だとも思っています。

でも、でもね・・・。

たくさんの人の中でどうしていいかわからなくて。

名刺を渡すにしても、誰にでも闇雲に・・・・というのはどうなんだろうという気持ちもあったり(実際、勧誘目的だけで繋がりたいという方も結構いらっしゃいますしね)。

「いろんな交流会に行ってはみていますが、どうしても克服できずにいたんです。

それに、交流会というのはだいたい夜が中心なので、小学2年生の娘がいる私にとってそういう意味でも行きづらい場所ではありました。

 

 

そんな私の頑な心を動かしたのがこの文章。

————————–————————–————
◆こんなコトに心当たりありませんか?
————————–————————–————-
・どんな人が参加しているのか解らずに、結局目が合った人と名刺交換をしている。
・行きあたらりばったりで名刺交換しても、本当に交流したい人と繋がりにくい。
・交流会に行っても、ただの飲み会と同じようにその後の 発展がない。
・営業目的で、すぐに売りに走ってしまう人が多い。
・交流会で、どこに座ればいいのか分からない。
 一人で参加したら、一人ぼっちになってしまう。
————————–————————–————–
★この交流会は上記のよくありがちな交流会の概念を全て吹き飛ばします★
————————–————————–—————

 

・・・・・そうそうそう!!!!そうなんです!!

ここに私が交流会苦手な理由がすべて書いてある!

しかもこの概念を全て吹き飛ばしてくれるの!?

そして

徹底的に出会いの質を高めたマッチング交流会にあなたも参加しませんか?
~かつてない“人”と“人”の繋がりの場~を体感してください

もうここまで書かれると不安がワクワクに変わってきますよね。どんな人との出会いが待っているんだろう?って。

で、ただ文章だけだと「またうまいこといっちゃって~」と完全には信用できないところですが(どれだけ疑心暗鬼やねん)。

主催者が2月のセミナーでコミュニティ形成のお話をしてくださった田代政貴さん(これからエリアマイスターでコミュニティ形成をしようとしている私にとってドンピシャな内容だったのでした>>詳しくはこちら)。

そしていつもお世話になっていて私にとっての(いやたくさんの人にとっての)頼れる姉御・プレシャスアカデミーの永里真由美さん。

 

これは参加するしかないでしょ~!!と。

出席ついでに、コミュニティ形成術も学んできます!

 

 

 


なぜエリアマイスターをやりたいのか?を改めて考えてみた。

|ママントレのこと

現在話題のこちらの記事。

すげえ腹立つわ~愛情料理研究家 土岐山協子の 『料理はしないんだけど料理研究家のブログ』

ちなみにこんなことが書いてありました。

「そんな大事な時期の子どもがいる時に自分の仕事が何かもわからないバカ親が開催するイベントはなんか意味があるのかよ」

「単にてめえの自己顕示欲じゃねえのかよ」

「どうして長い長い人生の中のたったの三年、四年、子どもを見つめていられない?」

(すべて本文ママ)

賛否両論あるかと思いますが、私は正直、この方の仰ることに共感はできません(苦笑)

でも「子育て中に、なぜそこまでしてやる必要があるんだよ」という疑問を投げかけ自分の想いを見直すいいきっかけにはなりました。

 

我が家は主人も自営なので、正直なところ「暮らしていくために」仕事をしているという側面はあります。

 

でもそうしたときに「じゃあなぜエリアマイスターをやっているんだ?」と。

(エリアマイスターの詳細はこちら

エリアマイスターは昨年11月に始めたばかり。LED関西で賞をいただいたり、新聞などに掲載して頂いたりはしましたが、正直なところ今はまだきちんとした収入にはつながっていません。

むしろ、システムを構築したり、環境を整えたりするために資金が必要で、マイナスともいえる状況です。

人とお会いしたり、資料を作成したり、いろいろなことに時間も取られて正直なところ本業に支障も出ています(^^;)

 

そこまでして私は何を成し遂げたいのか?

本業だけに専念すればいいんじゃないの?

 

たくさんの方が共感してくださって、登録してくださったから。その方たちのためにも頑張りたい!

「どうせ私なんて・・・」と思ってしまっている人たちに、自分の持つ可能性に気づいて自信を持ってもらいたい!

 

 

その思いが私を突き動かしているのは確かですが、そうなると今度は「それは子どもと一緒にいる時間を減らしてでもやりたいことなの?」という疑問が。

確かにそうですよね。

子どもよりも共感してくれる他の人や、そもそも共感してくれるかどうかわからない人の方が大事なの?

 

そりゃ子ども・家族が一番大事です。

 

じゃあなんでやるのか?

 

それは・・・・。

けして自己満足が欲しいとか他社からの承認が欲しいからではなく。

「自分の子どもが置かれている環境を少しでも良くしたい/未来につなげていきたい」という思いがあるから。

 

女性の働く環境は年々良くなっているとは言いますが、一度キャリアを諦めた子育て期女性の再就職はまだまだ難しく。

しかも働き方の選択肢もまだまだ少なく、「子育ても仕事もきちんと両立したい」という願いは贅沢にすら聞こえます(実際に私もここでめちゃ苦労しました・・・)。

そしてブランクが長くなるとさらに就職が難しくなるという悪循環・・・。

そうすると「どうせ私には無理・・・」という気持ちが蔓延する。そういう気持ちって自然と子どもに伝わっちゃうんですよね。

そして子どもだけに集中してしまうと、どうしても視野が狭くなることが多い(誰もがそうとは思いませんが)。

私も専業主婦時代。

周りとついつい比較してしまって、「あの子はできるのにどうしてできないの?」と叱ってしまったり。

自分の価値観でしか判断できないから、その価値観と合わないことやどうにもならないことに対してすぐ文句を言ってしまったり。

で、子どもってそういう親の気持ちって敏感に感じ取ってモロに影響受けるんですよね。

それにママが頑張ってないのに「頑張りなさい」って叱られたら、反発心湧いちゃいますよね。

「あなたのために」って言われても、「別に頼んでないよ」って思っちゃいますよね。

・・・・・当時の娘に謝りたい気分です。ごめんね、見てないと思うけど(苦笑)

 

そして、子どもは親だけでなく先生や友達など周りからの影響も多大にうけますよね?

いくら私が「人生って楽しいよね♪」と伝えても、周りの人が世の中に期待しない人ばかりだったら・・・。

いったいどうなるんだろう?って。

 

じゃあなぜ今やる必要があるのか?

それは、「問題」を自分のものとして捉えることができるのが『今』だから。

『子どもによい未来をつなげたいのであれば、今やるべきだ』と思うから。

 

「働くこと」がすべての幸せにつながるとは思わないけど。

「働く」ことは自己実現にもつながるし、子育て以外の居場所ができるし、稼いだお金を使うことで経済も活性化する。

それにイキイキ働いている姿を子どもに見せることは、将来の子どもの「働く意欲」にもつながる。

時間など制約の多いママたちが活躍できる場を作るにはどうすればいいんだろう・・・・。

そこで辿り着いたのがエリアマイスターでした。

 

エリアマイスターでは、まずは必要な人どうしが繋がることができる「枠組み」を提供。

正社員でもパートでも派遣社員でも起業でも。形式は問わずまずは選択肢がたくさんあることが大事だと思っています。

「私にはこれしかない」-そう思うからつらくなるのであって、「こっちがダメでもこっちがあるわ」と思えるだけで随分と気もラクになると思うんですよね。

そしていろんな選択肢があるということは、自分にあった活躍の場も見つけやすくなるし、世界も広がるということ。

そうすると、「どうせ無理」がなくなるんじゃないかな?って。子どもたちにも希望がある未来を残せるんじゃないかな、って。

 

 

まだまだ構想レベルで、実は不可能な大きなことを言っているのかもしれない。

私にできることは本当に微々たるものかもしれない。何も変わらないのかもしれない。

これから大変なことがたくさん待ち受けているのかもしれない。

でも、できるところまでやってみたい。そう思っています!

 

・・・まあこう書くと結局は自己満足なのかな(^^;)

 

 エリアマイスター


ママmeetsワーク終了!~これが私のやりたかったことでした。

2015-04-19|ママントレのこと

『ママmeetsワーク』。自分自身の子どもの授業参観日に重なる・・・などのアクシデント?もありつつ、無事終了いたしました!

 

 

阪急西宮ガーデンズの『スタジモにしのみや』の立ち上げに携わらせていただき、「ママントレさんでもオープニングイベントをやりませんか?」とお声掛けいただいたのが約2か月前。

ものすごく光栄、と感謝する一方で、「イベント主催をしたことがない私にできるのだろうか・・・・」と不安とプレッシャーが。

 

 

とりあえず漠然と、「何かママントレらしいセミナーイベントができればいいなあ」というところからスタート。

そのとき思ったのが、特定の講師の方を迎えるセミナーではなくて、ママントレのコンセプト「みんな違ってみんないい。まずはいろんな働き方を知ってほしい」を伝えたい!ということでした。

そのためにはいろんな方にお声かけをして・・・でもそんなことできるのだろうか?とその時点では半信半疑。

 

 

そのあと、神戸のママ起業家仲間で集まる機会があったので、相談してみたところ「ええやん!」「私も協力するよ!」「こんな人にも声かけてみたら?」という声が続々と!!

そのとき「もうこうなったら私が出てほしい!と思う方みんなに声かけちゃおう!」と開き直り(笑)

 

「私でいいんですか?」なんて謙虚な方もいらっしゃったり、まさかの方からOKをいただけたり。

気が付けば4つのセミナー/私含め12名がスピーカーに!

これだけ集まってくるとやりたいことも自然と湧き出てくる!

このメンバーが一堂に会すことができたのは今でも奇跡のように思えます。

 

セミナー当日も、朝集まった段階でものすごいパワー!!スタジモにしのみやの石原さんはじめスタッフの方々もその勢いに圧倒されていました(笑)

参加者の方も真剣そのもので、必死にメモを取る姿が印象的でした。

参加後アンケートでも「これから何かやってみたいと思えた」など前向きなメッセージが続々と。

それを見て「本当に開催してよかった!」と心から思えました。

 

それぞれのセミナーについてはまたレポートしますが。

登壇者の方々の意見が違っても、けして反論し合うとか雰囲気が悪くなるいうことはなく。

『別にどの働き方が正しいかなんて正解はない。自分らしく入れるのが一番いいんだよ』

『成功している人でも、悩んでここまで来ている。失敗もしていいんだよ』

全体からそのメッセージが伝わってきました。

 

本当に、5年前まで、思う通りに働くこともできず卑屈になっていた自分に捧げたい、そう思えるイベントでした。

「卑屈?」って今では誰も信じてくれませんが(笑)

いやね、ほんとね。

当時は、正社員とパート、派遣社員と雇われる働き方しか知らなくて。保育園にも入れず、無認可の保育園に入れて週1働いたけど、パート代がすべて託児代に消えるという現実に打ちひしがれ。

日々「お金を使っていいんだろうか」という思いがあり、周りのママ友が旅行などの話をしているときも顔は笑いながらも、実は「旅行にすら行けない私は・・・」と卑屈になっていたんです。

どんな人でも悩みはある。自分だけじゃない。

そう思えるだけでも何となく心が救われる感じがしますよね。

 

このイベントで私自身も一歩また踏み出せたような気がします。

登壇者の方をはじめ、参加してくださったみなさま、スタッフとして協力してくださったみなさま、スタジモにしのみやのみなさま、そして今回来られなかったけれど応援してくださったみなさま。

全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!

 

(追伸)

この日はうちの学校だけじゃなくて、他の学校でも授業参観・役員決めなどの行事が目白押し・・・・次回は絶対に4月以外にやります。あと盛り込みすぎたので、次回は間に休憩は挟むようにします(苦笑)


読売新聞に掲載していただくことになりました!

2015-04-15|ママントレのこと

なななんと!

「ママントレ」の活動を、読売新聞に掲載していただくことになりました!!!

 

1週間前。いきなり携帯が鳴って、「読売新聞です」と。

あら、最近の勧誘は携帯にまでくるようになったのね・・・と思ってよくよく聞いてみると。

「ママントレの活動について詳しくお話を聞かせていただきたいんです」と。

 

・・・ビックリした!!

すみません。勧誘と勘違いして・・・。

 

ひょっとしたらLED関西や、経済産業省の広報誌からかな?と思ったら。

検索で辿り着き、興味を持ってくださったとのこと。

取材では、ママントレをはじめたきっかけや自身の仕事のこと、エリアマイスターの活動などについて1時間半ほどお話させていただきました。

 

新聞は、事前にどんな記事かというのを確認させていただけないので、どんなふうに書いていただいているかはまだ私にもわからないのですが・・・。

掲載は15日(水)の読売新聞朝刊。阪神版とのことなので、地域限定ではありますが。

ぜひお手に取ってご覧ください!

 

いよいよ明日!「ママmeetsワーク」

ママmeetsワーク

 

 

 

 


『選挙』を楽しもう♪

2015-04-06|フリーランス日記

おとといから地方統一選挙の告示。

でもこういう言い方をしたらなんだけど、なんとなく興味がわかない・・・なんか誰を選んでも同じような気がして。

というわけで。4回目となる今回の「社会をつくる女子ゼミ」のテーマは『選挙』について。

とテーマは決めたものの。はい、漠然としていますね。

運営する私たち自身が、正直興味がわかずどうしたものか・・・と思ってたところ。

 

「当落予想したら面白くない?」

・・それだ!!

(競馬、TOTOなどをはじめ、結果予想はみんな大好きだもんね)

 

というわけで。

大胆にも「神戸市議会選挙」16名から当選者を予想しよう!ということになりました。

 

参加者の方の中には、「この人を応援したい」という気持ちもあるでしょうが、あくまでそこは客観的に。

まずは神戸市東灘区の人口構成や男女・年齢別の人口構成比、前回の選挙結果などデータを調査し、今回の立候補者一覧を見て予想。

「市民の代表を決める選挙をそんなふうに遊びにするな!」とお叱りの声も多方面から聞こえてきそうですが・・・。

 

これが実はものすごいよかった!予想以上に白熱して、気が付いたら時間をオーバーしていました(笑)

 

何がそんなに良かったかというと。

まず、「こういう人が立候補したんだ」というのを改めて知る機会に。

そして予想をするにあたっておのずと「この人はどういう経歴の人なんだろう」「どこに住んでるんだろう」「どういう政策をしたいんだろう」「どういうところから支持されているのかな」と興味がわいてくるんですよね。

そして調べていくうちに、「東灘はこういう人が支持されているんだなあ」などこれまで見えてこなかったことまでだんだんわかってくるんですよね。

多分、これがなかったら候補者にここまで興味を持って調べることはなかったと思います。

ちょっと後悔があるとしたら、一人ひとり「どんな政策に重点を置いているか」というところまで細かく調べられなかったことかな?

 

多分これをテレビ局とかでやると「偏っている」とNGが出るんでしょうが。

個人レベルだし、あくまで客観的で「誰を応援しろ」なんてのはどこにもないし、もちろん結果も公表しないからOKかな?と。

 

次回は、この選挙について振り返る予定です。

一応5月1日(金)の予定ですが、ひょっとしたらゴールデンウイークのため5月8日になるかも?また追ってお知らせしますね!

 

今回、改めて感じたのは、知ることと楽しむことの大切さ。

女性が政治について語っても男性たちに「女性たちがまた騒いでる」というふうに思われてしまうのって、きっと、「主観的な側面からものを言う」「感情的になりやすい(不満)」せいだと思うんですよね。

きちんと知識をつけて、客観的なデータ・事実に基づいて『説明』をすることができれば、納得させることもできるかもしれない。

そして不満ばかりを以て訴えたとしても、訴えられた方ももちろんいい気分にはならない。それが正しく絶対に実現するべき主張であるとしても、不満ばかりが中心になるとモチベーションはどうしても下がる。

それがもし「それが実現すれば、こんなにワクワクする未来が待ってるよ」というふうになれば、きっとハッピーになれる。私たちが目指すべきところはそこなんじゃないかな?って思ってます。

 

ちょっと熱く語りましたが(笑)

ただ話してスッキリするだけでは終わらせない、ワクワクした感情でその先へ進む、そんな会を目指していきたいと思っています。

そしてそれはこの「社会をつくる女子ゼミ」に限ったことではなく、エリマイスターも同じ、と思っています!

 

ママmeetsワーク


政策ってどうやってできるの?~女子、政治を学ぶ。

2015-03-07|ママントレのこと

亜樹さんの出版パーティの後は・・・毎月第一金曜日恒例の『社会をつくる女子ゼミ(通称:シャカジョ)』。

(なんて濃い一日なんだ 笑)

 

第3回目の今回は。

元市議会議員の友田景さんをお迎えして、「政策はどうやってできるのか?」について学びました。

 

2回のゼミでいろいろ話してきたけれど。そもそも政策がどうやってできるのかを知らないと、ただ話すだけで終わるよね、ってことで。

湯川カナさんが「それなら」と呼んできてくださったんですけどね。いや、ほんとカナさんの人脈と瞬発力。ただただ尊敬するばかりです。

 

で、いろいろとお話いただいたんですが。まさに「目から鱗」でした。

・政策を通したいなら、市議会議員になるのが一番早い(当選率も相当高い)

・認知されていない社会問題→その問題にあまり関わっていない議員にこそアプローチを!

・エビデンス・ファースト。他地域で先行事例などがある場合は示したほうがよい。

・議員にアプローチしたいなら、ホームページなどから。選挙時期は公開質問状もあり。

・政策=予算

・お(起こったこと)・す(数字)・い(言ったこと)・か(書いてあること)

・立場が変わると意見も変わる=落としどころを見つけるのが政治家の役目

 

もっといろいろあったと思うけど、印象に残ったのはこんな感じ。

まあ言われてみればその通り、ということもたくさんあるんですけど。

思ったのは「自分が思っているより、政治って身近。もっと積極的に関わっていいんだ」ということ。

なんとなく「言っても無駄」とか「どこに言えばいいかわからないし」とか諦めが先行していたけど。

まず言わなきゃ始まらないんだな、と。

 

そのあとは、グループに分かれて、政策を作るワークショップ。

短時間だったのに、皆さんからものすごく具体的かつ実現できそうな政策が次々と出てきてビックリ!

みなさんの意識の高さを改めて感じました。

 

男性社会の政治に、女子が意見を言うってなんとなく「また女が騒いでるよ(面倒くさいな)」と思われる=だから、あまり聞き入れられない、って側面がある気もするんだけど。

そこに数字や根拠などがきちんと加われば、たちまち建設的な意見に変わる。

まずは私たちが「知らないから」で終わらせず、きちんと知識をつけることが大切なのかな?と実感。

そしてやっぱり大事なのは「もっと良くなる!」っていうワクワク感、かな?

 

次回は4月3日(金) 19:00。

ますます面白い会になってきている『社会をつくる女子ゼミ』。ぜひ皆さんもご参加くださいね!


壁を乗り越えたからこそ、今がある~カー亜樹さん出版パーティ

2015-03-06|フリーランス日記

 

今日は、よき起業仲間であり友人・日本ママヨガ協会代表・カー亜樹さんの出版記念パーティでした。

Amazonの「ヨガ・ピラティス部門」「妊娠・出産」部門でも一位を獲得した、亜樹さんらしさ満載の一冊です。

 

「おしゃれしてきてください」ということで、会場内は華やかな雰囲気!

華やかだけど温かみや優しさ、笑顔に溢れた素敵なパーティでした♪
やっぱり素敵な人のところには素敵な人が集まるんだなあ、と改めて実感。私もそうなれるよう精進せねば!

 

で。
「笑顔で働きたいママのフェスタ」2012で実行委員を務めたときにフィナーレで亜樹さんと一緒に替え歌して歌った『愛を込めて花束を』をピアノで弾かせていただいたのですが。
亜樹さんだけじゃなく、参加者の皆さんまで泣かせてしまった・・・はじめからしんみりさせてすんません(^^;)

11051372_417400658427022_1559977088_n

(そして、最近「須澤さんって本当は何してる人なんですか?」とよく聞かれる・・・今日なんて「本当はピアニストだったんですね!」と言われた・・・やばい、本業をみんなに忘れられているぞ!笑)

 

でもね、ほんと。
替え歌の歌詞にあるんだけど。
『寝かしつけという名の仮眠 お迎えはいつもうちの子が最後。
何度も自問自答して 迷いもがいて それでもやりたい夢がある』
葛藤しながら、進み続け、あれから3年。
夢を叶え、さらに先の夢へと突っ走る亜樹さん。
なんだかじーんとくるものがあります。
http://jmya.jp/

 

みんな、いつも楽しそうに見えるけど。いつも笑ってるから何も苦労していないように見えるけど。けして順風満帆ではないんだよね。
「子どもにさみしい想いをさせているんじゃないか」「自分の好きなことばかりやっていていいのか」「私は果たしてよい妻・よい母なのか」って葛藤もある。
「自分の好きなことを仕事にするのはやっぱり難しいのかな」って壁にぶつかることもある。

でも壁にぶつかっても、負けずに乗り越えてきたから今があるんだよね。

亜樹さん、本当におめでとう!次は増刷祝いかな?

 


ラジオ出演!

2015-03-03|ママントレのこと

以前「関西リーダーズ(仮)結成!」ということをこちらに書いたと思うんですが・・。

実は、その直後にラジオ出演のオファーをいただいてたんです!しかも1か月分の番組まるごと!

 

そんな素敵なオファーをくださったのは FM GIG毎週金曜13:30~14:00の「にじをかけるにじかけラジオ」の熊田美佐さん。

というわけでありがたくジャックさせていただきました(笑)

第1週目は「ママントレ」として出演。

第二週目はHappy+の栗田加奈子さんと、スクママの林ゆいさん。

第三週目は、ママキッズプロジェクトの生駒涼子さんと羽根田藍さん。

そしてなんと第4週は・・・全員!

・・・・マイクもヘッドフォンも足りない(笑)

10624054_1557011911221958_7922747271831143377_o

 

しかも、いろんなことを決める前にラジオ出演が決定したもんだから、「さあどうするよ!?」とみんなで大慌て(^^;)。

(しかも須澤さん、この時点でぶっちぎりの最多出場回数(3回))

まあでもね。

こういうのってある意味大事だと思うんですよ。目標が原動力になるというか。

それこそエリアマイスターも、「ママフェスに出る!」という目標がなければ、まだ私の頭の中の構想で終わっていたのかもしれない。

今回、こうしていい機会をくださった熊田さんに感謝★

オンエアは初回4月3日(金)予定です。

 

ちなみにこの関西リーダーズ(仮)。ついに名称が決定しました!

名前は「コトライフ」。

子と過ごす自分らしい時間を、という思いから。

いろんなところに情報があって、悩んでいるママたちが路頭に迷わないように。

「ここに来れば安心」そんな情報や場所を提供できればいいな、って思ってます。

6月頃にはお披露目パーティも開催予定★ご期待くださいね!

 


エリアマイスター新プロジェクト始動!

2015-02-13|ママントレのこと

本日からついにエリアマイスターとしての新しいプロジェクトが始動。

クルールはんしんさんとのコラボによる「ママ目線での商品企画」。

クルールは阪神地区の幼稚園や保育園に配布されるフリーペーパーで、このあたりに住むママたちの間ではおなじみの媒体。

以前、朝日新聞とクルールに同時期に掲載いただいたことがあったのですが、周りの反響が大きかったのは断然クルール。

「クルール載ってたね!」といろんなところから声をかけられ、どうやら保育園でもかなり話題になっていたらしいです(笑)。

 

今回エリアマイスターの方に募集をかけ、7名の方にお集まりいただきました。

普通のお仕事のように、「お仕事をもらう」だけではなく、こちらからも積極的に提案を行う。それがエリアマイスターの強みでもあります。

 

「育児中こんなものがあったらよかったのにという商品/布製品」

というなんとも曖昧なテーマであるにも関わらず、アイディアが出てくる出てくる・・・・みなさん「はじめまして」とは思えないほど盛り上がり、雑談のようなコミュニケーションから、短時間の間に7つもの企画が。

しかもどれも魅力的なものばかり。

「こういうとき困る」という悩みが、次々と「こうすればいいんじゃない?」という提案に変わり、具体的なものに。

その様子を見た男性陣は圧倒されておりました(その様子を、KJ WORKSの山口さんが素敵にまとめてくださっています

 

次回は1か月後。

どんなものができあがるのか!?商品ができあがるまでの過程もクルールはんしんに掲載いただく予定です。みなさんお楽しみに!

 

2015-02-12 11.57.10

場所は阪急芦屋川のKJ WORKSさんをお借りしました。いつもありがとうございます!

 

 


子どもにかえってリセット!

2015-02-12|日々のこと

フリーランスってすごく自由でいい働き方なんですけど。 「いつでもできる環境」だから、気をつけないとついつい、時間を忘れてやっちゃうんですよね。

いろいろ気になっちゃって。

最近でLED関西のプレゼン準備のほか、通常の業務やエリアマイスターの業務、さまざまな方面からのお問い合わせ、打ち合わせ、イベントなどさまざまなことが重なって、仕事を楽しみつつも実はちょっと息切れしておりまして。

(プレゼンという一大イベントが終わってホッとしたのもあるのかも?)

そのリセットの意味も込めて、仕事が終わって夕方から1泊2日で東条湖おもちゃ王国へ行って参りました。

もちろんパソコンは持参せず「今日は思いっきり寝るぞ~!」と。

(ちなみに、こちらの旅行。11月の「笑顔で働きたいママのフェスタ」の大声自慢コンテストの優勝商品でした ^^;)

 

 

おもちゃ王国自体は、昔ながらの遊園地という感じだったんですが。

親子そろってはまったのが「ダイヤブロック」。

まず、園内のいたるところにダイヤブロックでできた大きな作品があって「すごいね~!」と言ってたところでダイヤブロックで遊べるエリア発見。

そりゃ、遊ぶよねってことで。

これとこれを組み合わせて・・・とひさびさに無心になって大人げなく遊んじゃいました。

クリエイティブ脳もかなり活性化したかも!?

最終的には土台にまでこだわり、こんな大作に(笑)

 2015-02-11-15.13

 

娘も相当楽しかったらしく、家に帰ってから「楽しいことはすぐ終わっちゃうなあ」と感傷に浸り、抜け殻のようになっておりました。

スマホでいつでもつながることができちゃう時代だからこそ、たまにはこうして意識してリセットするのも必要ですね。

しっかりリフレッシュもできたので、また明日から頑張ります!

 

おまけ

おもちゃ王国。子どもは大好きだし、頑張ればもっと集客できそうなのになんか残念だな、もったいないな(関係者の方、ご覧になっていたら失礼でごめんなさい)~なんでだろう・・・と思って辿り着いた答えは「統一感」でした。

なんかデザインやテイストが色・フォント含めすべてバラバラなんですよね。どこを目指したいのかな?と。

徹底的に昭和レトロな雰囲気にしてしまうとか。USJみたいにとはいかなくても建物自体にテーマを持たせるとか。

やっぱりコンセプトとデザインって大事だな、とこんなところで改めて実感。

皆さんが納得できるワクワクできるものを提供できるよう、日々精進しよう。


「コミュニティ形成のプロ」から学ぶ

2015-02-09|フリーランス日記

良質なアウトプットを行うには、インプットも必要!ということで。

本日は、友人で日本ママヨガ協会代表のカー亜樹さんが主催する『Facebookで集客・売上をアップする方法』というセミナーへ参加してきました。

講師は、コミュニティ形成の専門家で最近『Facebookで集客・売り上げをアップする方法』という本を発売されたばかりの田代政貴さん。

 

「Facebookで集客・売上をアップする方法」というタイトルなのに、まず開口一番におっしゃったのは『Facebookで集客や売り上げはできません』(笑)。

というのもそもそもFacebookは仲間とのコミュニケーションツール。だから集客や売り上げの前にまず理念を共有できるコミュニティ作りが必要なのだ、と。

コミュニティができれば、参加者に主体性が出てくる。そうすると、おのずと認知も広がりそれが結果として集客や売り上げにつながる、と。

 

そのあとは、Facebookのことではなくコミュニケーション形成・運営に関する具体的なお話が満載。

●大きなものをはじめから作らない

●決めつけずにみんなで考える(それがメンバーのモチベーションにも)

●意識を外にではなく、内側へ(メンバーがハッピーになればおのずと魅力的な組織になり、それが広まる)

●メンバーは多彩な方がよい

 

これからまさにエリアマイスターというコミュニティを形成していこうと考えていた私にとって心に響く内容ばかりでした。

Facebookの使い方より、まさにこういうことが知りたかった・・・・!うれしい誤算でした。

そして私がやろうと思っていたこと、「これでよかったんだ」と再認識できた部分も多々あったのがよかったです。

 

ただ学んで終わりでは、あまりにももったいないので。

きちんと一つずつ復習しながら形にしていこうと思います♪

 

まずは、今エリアマイスターに登録いただいている皆さんに「登録してよかった」と思っていただけることを考えて実行していこう!

 

↓そんなエリアマイスターに興味がある方はこちら。おかげさまで現在登録者数80名を超えました!

エリアマイスター


夢の続き、そしてこれから。

2015-02-06|ママントレのこと

先日のLED関西プレゼンテーションで、3つのサポーター賞を頂きましたが。

今日はそのうちの二つのサポーター賞についてお話をお伺いしてきました。

 

1つめは、トーマツベンチャーサポート様。

ものすごい立派な目録をいただきました。

で、賞の内容が「3か月間のコンサルティング」と事業プランを発表する「Morning MeetUp」への登壇。

まだシステムができていないし、大々的にリリースできる状態でもないよね、ということで。

まずは3か月で事業プランなどをブラッシュアップ。

そして、その後Morning MeetUpできちんとした形で発表できるようにしよう!ということになりました。

 

で、その前にエリアマイスターについてさらに詳しくお話したんですが。

やっぱり5分ではきちんと伝えきれていなかったということを実感。簡潔に想いや意図を伝えるのって難しいですね・・・まだまだ修業が必要だ。

 

 

そして2つめは近畿経済産業局様から。

なぜエリアマイスターを賞に選んでいただいたかというと、「地域貢献・社会貢献としての役割を大いに期待できるから」とのことでした。

その想いで選んでいただいたこと、しかもLED関西の主催者の方に!というのがとてもうれしかったです。

今回は、広報誌の取材ということで、ママントレをなぜ立ち上げたかというところから始まり、いろいろとお話させていただきました。

「笑顔で働きたいママのフェスタ」でも協力してくださったリトルプラン代表瀬野さんにも同席いただき、いろいろとお話いただきましたよ♪

で、関西限定の広報誌かと思いきや、なんと経済産業省が発行する「METI Journal」に半ページくらいで特集を掲載していただけるとのこと・・・・!これにはびっくり!!

エリアマイスターが全国デビューしちゃいますよ(^^;)

また掲載されましたらこちらでお知らせさせていただきますが・・・こりゃさらに気合入れてやらなきゃですな。

ちなみに今回取材場所として、いつもお世話になっているKJ WORKS阪神様を利用させていただきました。いつもありがとうございます。

 

 

LED関西に出場してから、明らかに自分の周りの環境が変わり始めました。

仕事を通じた新しい枠づくりへの挑戦はまだまだ続きます。

ぜひ皆さん応援よろしくお願いいたします!

エリアマイスター


LED関西、それぞれの想い。

2015-02-04|ママントレのこと

先日登壇させていただいたLED関西。

 

そこで得たものは本当にたくさんありましたが、その中でも大きかったのがファイナリスト9名の方との出会い。 これまで『ママ起業家』と出会う機会は多かったですが、違う立場でお仕事する方と出会う機会って実はなかなかなかったんですよね。 しかも、しっかりとした事業展開をしている方ばかり! まだ動き始めて間もない私にとって、とても刺激になりました。

 

そして『大舞台で発表する』という共通した想いがあったからか、全員意気投合。リハーサルや結果発表前は全員そろっているか、自発的に点呼しちゃうくらい(笑)

 

で、ここで出会って終わりではなく、もっと継続的にお付き合いができたらなあ・・・と思っていたところ。

「打ち上げやろう」とFacebookグループで盛り上がり、早くも開催が決定(笑)

どうしても行きたかったので、無理矢理主人に子どもを預けて参加してきました!

 

女子トークあり、ぶっちゃけトークありでかなり盛り上がりました!

 

そしていろいろと話を聞いてみて。

順風満帆にしか見えなかった方も、実はいろいろと公私ともに苦労があって。

紆余曲折を経て、悩みぬいて、今に至っているということ。

そうだよな、やっぱりキラキラだけじゃやっていけないんだよな。

悩みぬいたことがきっといい形で影となって、今を照らしてくれているんだなあとしみじみと思ったりしました。

 

そして、主催者である井本さんから、LED関西開催に至るまでの経緯もお伺いしたのですが。

最初は「企業の前で女性起業家が何人かプレゼンすればいいんじゃない」的なイベントだったところを、「そんなことをやっても意味がない!」と熱い思いで、LED関西のプランを作成。

メンターやサポーターなども自ら交渉して集めてきたとのこと。

すごい・・・!その行動力が無ければ、こうして貴重な体験をすることはできなかったんだから。尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。

 

私は終電があったので2次会まででしたが、なんと3次会まであったとのこと! みんなパワフルだ~。


« Older Entries

最新記事

カテゴリー

ホームページ・各種印刷物の制作承ります!
Happy BackWork
ママントレブログ

ママ起業家オススメ書籍

>>一覧はこちら